維持管理のポイント 空気弁類

このページでは、バルブ製品の取り扱い・据付時のポイントと 注意事項を掲載しています。

満水状態の場合


空気弁内に水が流入すると、案内周囲の小穴より内部に水が入り、浮力によりフロート弁体・遊動弁体が上昇し、空気孔が閉じ水の流出を防ぎます。









少量排気


管路内の水に含まれている空気が、空気弁内にたまると、水位の低下にともないフロート弁体が降下し、小空気孔は開放され、小量排気が行われます。排気が完了するとフロート弁体は上昇し小空気孔が閉じます。この動作を自動的に繰り返して管路内の空気を排出します。

1. ゴミなどが付着して小空気孔から漏水していたら、分解して洗って下さい。

2.空気弁は垂直に取り付けて下さい。
注)ねじ部またはフランジ面の傾きが2度を超えると、空気弁が正常に機能しないことがあります。 (JWWA B137規格で、傾き2度以下を規定)


3.空気弁に作用する圧力が低く、0.03MPa(0.3kgf/cm2)以下になると、小空気孔及び大空気孔から、漏水することがあるのでご注意下さい。(注文時 0.75MPa) 注)圧力が低く漏水しているときは、低圧用(対策品0.03~0.01MPa)の空気孔弁座を用意していますので、御下命の上「分解手順」に従って取り替えて下さい。


update 2012/10/00 00:00