「エアスパージングによる原位置浄化工法」は、帯水層中に空気を注入することにより、帯水層中の揮発性有機化合物を気化させ、土壌ガスとして回収する原位置浄化技術です。環境省の実証試験実施で日本国内で最初に実施致しました。地下水・土壌の同時浄化が可能で、地下水を揚水しないため、排水処理が必要なく地盤沈下の心配がありません。地上部に建物があっても施工可能です。