「バイオレメディエーションによる原位置浄化工法」は、浄化対象地盤に棲息している微生物の働きを活性化させるための薬剤を注入または撹拌混合し、原位置で汚染物質を微生物分解する工法です。油汚染の油臭・油膜対策には高い効果があります。