「フェントン反応剤による原位置浄化工法」は、浄化対象地盤中でフェントン反応剤によるラジカル反応を発生させて原位置で汚染物質を酸化分解する工法です。