下部集水装置(レーザーシールドタイプ)

 

従来の多孔板タイプの集水装置に代わるこれからのろ過池にマッチした第三世代の下部集水装置です。近年、クリプトスポリジウム対策や原水水質の悪化対策として、砂ろ過池や粒状活性炭吸着池の洗浄方法を強化するため空気洗浄と水による逆洗浄が採用されています。こうした洗浄方式に適した下部集水装置です。

特長

①軽量で組み立てが容易
高密度ポリエチレン製なので高強度で軽く、メカニカルジョイント方式のため、ブロック同士の接続が確実かつ容易です。

 

②空気洗浄、集水が均一
大型ろ過池においても、ろ床全面で均一な空気洗浄・水逆洗・集水ができます。

 

③空気単独洗浄が可能
空気単独洗浄、水・空気同時洗浄および水単独洗浄などさまざまな洗浄工程に対応できます。

 

④耐震補強に効果的
本体が樹脂製であることに加え、ブロック上部にスリット巾0.2mmの金属製スリット板を設置することで支持砂利が不要となるため、軽量化が図られ、ろ過池の耐震補強に最適です。

 

⑤メンテナンスが容易
支持砂利がないため不陸対策が不要になり、ろ層更生工事が容易になります。また、
表面洗浄装置が不要なため、メンテナンス費が抑えられます

概略構造

ろ過・洗浄機構

ろ過:金属製スリット板を通して、ブロック内の送水室に均一に集水されます。
 

空気:送水室の上部に空気層が形成され、空気オリフィスから空気が噴射されます。また、空気オリフィスの設置により均一な空気分散効果が得られます。

 

水:送水室下部の水オリフィスから逆洗水が噴射されます。

金属製スリット板(レーザーシールドタイプ)

スリット幅は0.2mmで一定かつ精度よく管理されているため、ろ材の落下はもとより、不均一な目詰まりの発生を抑制でき、安定した状態を保ちます。

製品仕様

寸法 (W)276mm×(L)914mm×(H)323mm
材質 本体      高密度ポリエチレン
ろ材支持板   ステンレス製
重量 11kg/ ブロック
接合方式 メカニカルジョイント方式