SDGsとは

 持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
 SDGsは、17のゴール・169のターゲットから構成され、持続可能な社会を構築するために各国、地域だけでなく企業にも積極的な関与が求められています。

当社の取組み

 当社グループでは、昭和12年の創業以来80年以上にわたり、経営理念である「水とともに躍進し 人間らしさをもとめ 社会に貢献できる 魅力ある企業」の実現を目指し、“水”に関わる分野の社会資本整備、浄化事業に積極的に取り組み、人と環境に優しい技術・製品を提供してまいりました。

 このような当社グループの取り組みが評価され、2019年には国立研究開発法人科学技術振興機構が主催する「STI for SDGs」アワードにおいて、当社を含む産学官連携チーム(高知大学・香南市・高知県・日本下水道事業団・前澤工業株式会社の5団体)の取り組みが、上下水道分野では唯一『優秀賞』を受賞しました。

 当社グループはこれからも水関連企業、更に環境関連企業として社会インフラの構築などを通じて、社会の持続的な発展に貢献してまいります。

 

*「STI for SDGs」アワード受賞に関する詳細はこちらをご覧ください。

埼玉県SDGsパートナー

当社は令和3年1月31日付で「埼玉県SDGsパートナー」として登録されました。

SDGs達成に向けた宣言書(要件1)

埼玉県SDGsパートナー登録制度とは

 SDGsの取組を自ら実施、公表する県内企業・団体等を「埼玉県SDGsパートナー」として埼玉県が登録します。これにより県内企業・団体等が行う活動とSDGsとの関連性を明確にすることで県内企業等におけるSDGs達成に向けた具体的な取組を促進し、企業等の価値向上及び競争力の強化を図るとともに、県が進める「埼玉版SDGs」を共に推進することを目的としています。

 詳細は「埼玉県ホームページ」をご覧ください。